全体朝礼より

平成28年1月の講話

更新日:2016/01/07 10:47 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「年頭に寄せて」でした。

常務の講話「「申」から「伸」へ

皆さん、明けましておめでとうございます。
お正月から勤務してくださったみなさんありがとうございました。
先ほど院長からお話がありましたように、下半期から年末にかけて伸び悩み、昨年一月末の透析患者数を年末に超える事が出来ませんでした。これは結和会になって初めてのことです。

忘年会の席で申年の「申」は人偏をつけると「伸」という字になりますとお話ししましたが、何をどのようにして伸ばすか、各部署単位でしっかり目標をもって取り組んでいただきたいと思います。

 昨日の職場の教養には「人の心は、そのままに保つことが難しいものです。しかし、行動を伴わせることで、願いが薄まっていくことに抗し、さらに思いを高めていくことができます。日記をつける、太陽に挨拶をするなど、毎日決まった型を身に付けることで、生活にくさびが打たれ、けじめがつきます。一日一度、同じことを続けられていることに自信が湧いてきます。心の中にある思いを実現するため、日に一つ何か始めてみませんか。」 とありました。

私自身も課題として取り組んでいかなければならない問題点を抱えていますが、ついつい手を抜いたり、後回しにしてしまうことがあります。体調管理にしても忘年会やお正月に食べ過ぎないように気を付けようと思っていたにもかかわらず3キロほど太ってしまいました。ダイエットには直接関係ありませんが、毎日けじめをつけるために朝30分本を読むことにしました。

また2日の職場の教養には俵万智さんの
「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ
という短歌が紹介されていました。
お互いが共感できる職場は温かい雰囲気で仕事ができると思います。
皆さんもそれぞれの部署で立てている目標をしっかり意識して、共有し合い笑顔で達成に向けて頑張っていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

平成27年12月の講話

更新日:2015/12/07 19:31 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「冬場の感染症対策」でした。

常務の講話「やりたい仕事と任される仕事

皆さん、おはようございます。

 今日からストレスチェック制度が施行されます。これは従業員50人以上の企業に年に一度すべての労働者に対してストレスチェックを実施し、結果をフィードバックしてストレスの軽減を図りましょうというものです。

ところで、ご存知の方もいるとは思いますが、うちの息子たちが大分愛媛ヒートデビルズというBJリーグのプロバスケットチームに所属しています。現在4勝10敗で12チーム中10位といったチームです。
兄の方はチームの中心選手として活躍していますが、弟の方は開幕して2試合目にケガをして約一か月戦列から外れることになりました。リハビリをしながら自分のプレイをイメージしていたようですが、いざ復帰してみるとチーム事情が変わり、求められる役割は大きく変わり、起用方法も変わりました。
本来外角のシュートが得意な選手ですが、攻撃よりインサイドの補強選手としての起用が続き(185㌢で2㍍クラスの外国人にマッチアップなど)かなりのストレスを感じていたようです。

 「やりたいプレイと求められるプレイは、一致するとは限らないし、できると思われているから起用されるのだから、我慢して頑張れ」と励ましていましたが、モチベーションもかなり落ちていたようです。ところがここ数試合、相手の得点源の選手に対する好ディフェンスで勝利に貢献出来ました。またそのことをチームメイトからもディフェンスがよかったから相手の流れに持ち込まれなくて勝ちにつながったと評価をもらったようです。
本人としてはやりたいプレイが出来ない不満はまだ残っているようですが、「ディフェンスを頑張ることは、どのチームにも必要なことだから頑張る」というようになりました。ここでプレイを仕事や役割と置き替えてみましょう。
やりたくない仕事や役割をまかせられることも多々あります。
西友会の役員や各委員会の委員の皆さんもそうだと思います。必ずしもやりたいことだけを引き受けているのではないと思います。初めてのことも多いでしょう。先日の院内旅行の段取り等にしても、とてもよくやってくれていると思います。請け負った役割をきちんと全うしようとすることで視点も変わりますし、成長することもできます、そして信頼もますでしょう。

 笑顔のあふれる病院を作るために「ハイ喜んで」と新しい事にも前向きにチャレンジしていただきたいと思います。そして私たちもきちんとそれを評価していきたいと思います。
間もなく賞与も出ます、しっかり一年間の締めくくりをお願いします。

平成27年11月の講話

更新日:2015/11/06 17:31 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「医療を提供する姿勢について」でした。

常務の講話「波及効果・相乗効果」

 みなさんおはようございます。

 先日は、個別指導・適時調査の対応お疲れ様でした。
院長からお話がありましたように、細かなところではご指摘をいただきましたが、方向性は間違っていないことが確認されたのではないかと思います。

 ところで、先月の給与明細に同封させていただきましたが、ラグビー日本代表チームは世界一厳しいと言われる練習に耐えて実力を養っていったわけですが、FBの五郎丸選手はジョン・カーワン前HCとのミーティングの際にこんなことがあったそうです。
 『黒板に過去・現在・未来と書かれており「過去は変えられるか」と問われた五郎丸は「変えられません」と答えた。続いて「未来は変えられるか」と聞かれ、今度は「変えられます」と答えた。そこでカーワン前HCが言った。
 「違う。お前が変えないといけないのは、今だ。今を変えなければ、未来は変わらない」』 そうなんです。将来少しでも変わりたいなら、今意識を変え、今できることをしっかり積み上げていくことが大切だと思います。

 今回感じたことをしっかり意識して次の指導・調査の時には余裕を持って笑顔で迎えられるようになりましょう。

平成27年10月の講話

更新日:2015/10/09 15:31 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「半期を終えて」でした。

常務の講話「波及効果・相乗効果」

 皆さん、おはようございます。
今日はユニフォームについてお話ししたいと思います。
ユニフォームというと、チームとしての統一性を持った服装であり、その役割は社会的認知(役割やブランドイメージ)であったり、動きやすさや安全性が求められています。

 当院ではユニフォームというと白衣やナース服ということになります
先日「なぜ医師は白衣を着るのか」という記事をみつけましたので紹介します。

 『もともと西洋では特定の衣を身にまとう職業として、白衣を着る医師、衣を着る裁判官・袈裟や司祭服に身を包む聖職者の3つがあり、人の罪を裁くのも、人の罪を許すのも、そして人の命にかかわるのも神のみが行いうる行為であり本来、人には許されません。そして人がこれらの行為を成すには、衣をまとって神の前で宣誓を行うこと(プロフェス)が求められました。これが3つの職業を指す「プロフェッション」の語源です。

 医療従事者が白衣を着るということは、患者さんのために自らの力を尽くすことを誓ったことになります。これが「メディカルプロフェショナリズム」です。手術や手技から投薬、言葉かけに至るまで、自分の行為が真に相手のためになっているか、自問自答を繰り返すことが医療の原点なのです。』とありました。

 一般に多くの病院で白衣やナース服を着用しているかというと、単純に汚れ防止のためとか衛生上の汚染防止のため、そしてもう一つが患者に安心感を与えるためと言われています。プロフェッショナルであるという自覚と誇りをもち、患者さんの笑顔のために業務に励んで頂けたらと思います。

平成27年9月の講話

更新日:2015/09/07 13:46 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「猛暑時の健康管理」でした。

常務の講話「波及効果・相乗効果」

 波及効果(波紋が広がるように徐々に広い範囲にききめが広がっていくこと)とか相乗効果(二つ以上の要素が同時に働くことで、単体で働く以上の結果を上げること)という言葉があります。

 ある産業廃棄物処理の会社が経費削減の必要に迫られ、車を多く所有しているために経費の比重の高いガソリン代を節約しようという目標を掲げたそうです。そしてその具体策として「急発進・急ブレーキをやめよう」というスローガンを掲げたんだそうです。
 職員一人一人が真剣に取り組んだ結果。徐々に効果が出始め、半年が過ぎたころには月に50万円ものコストダウンを実現していました。さらに急発進・急ブレーキ意識した結果、波及効果として事故率が大幅に下がりました。また車の修繕費の削減や故障が少なくなったために耐用年数の長期化し、さらに事故率が下がったために自動車保険の掛け金が大幅に下がったために、一年間で約一千万円の経費削減につながったというお話を聞きました。

 実際に10回の急発進をやめたら約170CCの節約
10回の急加速をやめたら約110CCの節約
減速時もエンジンブレーキを使用して1分間下り坂をくだると使用しない場合と比べて15CCの節約。
こうしたことを徹底すると30%も燃費が良くなるそうです。

 成功のポイントは、目標を具体的に設定したことと、全員が徹底したことにあると思います。
お茶を濁す程度のことでは大した成果は出ないと思います、職員全員が徹底したことで大きな効果を生み出したのではないでしょうか。
 皆さんも各部署できめている目標を徹底して行うことで思わぬことで好結果が出るかもしれません。マナーアップ自己評価表に今月は徹底してやりましたと全員が記入できたとき、どのような波及効果や相乗効果がでるのか楽しみにしたいと思います。

平成27年8月の講話

更新日:2015/08/08 11:33 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「察知の大切さ」でした。

常務の講話は今月はありません。

平成27年7月の講話

更新日:2015/07/01 12:00 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「より良い環境作り」でした。

常務の講話「ユニフォームと責任」

 皆さん、おはようございます。 今日はユニフォームについてお話ししたいと思います。
 ユニフォームというと、チームとしての統一性を持った服装であり、その役割は社会的認知(役割やブランドイメージ)であったり、動きやすさや安全性が求められています。 当院ではユニフォームというと白衣やナース服ということになります。

 先日「なぜ医師は白衣を着るのか」という記事をみつけましたので紹介します。 『もともと西洋では特定の衣を身にまとう職業として、白衣を着る医師、衣を着る裁判官・袈裟や司祭服に身を包む聖職者の3つがあり、人の罪を裁くのも、人の罪を許すのも、そして人の命にかかわるのも神のみが行いうる行為であり本来、人には許されません。

 そして人がこれらの行為を成すには、衣をまとって神の前で宣誓を行うこと(プロフェス)が求められました。これが3つの職業を指す「プロフェッション」の語源です。 医療従事者が白衣を着るということは、患者さんのために自らの力を尽くすことを誓ったことになります。

 これが「メディカルプロフェショナリズム」です。手術や手技から投薬、言葉かけに至るまで、自分の行為が真に相手のためになっているか、自問自答を繰り返すことが医療の原点なのです。』とありました。

 一般に多くの病院で白衣やナース服を着用しているかというと、単純に汚れ防止のためとか衛生上の汚染防止のため、そしてもう一つが患者に安心感を与えるためと言われています。プロフェッショナルであるという自覚と誇りをもち、患者さんの笑顔のために業務に励んで頂けたらと思います。

平成27年6月の講話

更新日:2015/06/01 12:00 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「新棟3年目を迎えて」でした。

常務の講話「接遇研修と実践」

 皆さんおはようございます。

 先日は、ながえ孝子さんの接遇研修が行われましたが、皆さんのアンケートを集計したところ69人中8割の人がよく理解でき今後に役立つ、2割の人がまあまあ役立つという結果となっていました。今までと違った視点での研修で新鮮だったこともあると思いますが、皆さんの前向きに学ぼうとする姿勢が現れたのだとうれしく思いました。ながえさんも皆さんの真剣さや積極的な態度に大変研修が進めやすかったとのことでした。

 ただ研修は知識の積み重ねだけで終わることなく、良いと思ったことを実践し身に着けて行ってこそ本当に価値が出るものだと思います。 実は私も先日ゴルフに行った際に、熱くなりそうな時やイライラっとした時に同伴のプレイヤーに見えないようにこっそり「魔法の言葉」をつぶやきながら6秒待って、笑顔でプレイをするよう心掛けました。するとなんと今年のベストスコアが出ました。

 これからも苦虫を噛み殺したような表情にならないように心の中で唱えながら笑顔を心掛けたいと思います。 皆さんもぜひ研修で心に残ったことは実践して、より笑顔のあふれる病院づくりを目指しましょう。

平成27年5月の講話

更新日:2015/05/01 12:00 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「黄金週間」でした。

常務の講話「基本の再確認」

 皆さんおはようございます。いい気候になりましたね。

 さて新しく入職された方も何人かいらっしゃるので、改めて基本の大切さを確認されているのではないかと思います。当院のソフトボールチームも大会に向けて練習しているうちにまだ対外試合をするレベルにないということがわかり、今回の大会は見送り基礎練習を積んで次の大会に備えるということです。

 プロバスケットNBAのスーパースターで神と呼ばれた、マイケル・ジョーダンでさえも基本の大切さについてこう言っています。

  「一瞬でも基本を忘れたら根本から崩れ去ってしまう。スポーツにおける正しい技術、会社における倫理・心構えといった基本を忘れたら、試合に勝てないし、会社や学校で成績を上げることはできない。」 そして「新しいことにぶつかっても基本を身に着けていたのですべてを理解することができた。」とも言っています。

 数々のビッグショットを決めてNBAの伝説となっている彼でさえも基本に立ち返る大切さを説いているわけです。 そんな訳で、改めて接遇の基本を見直してみてはと思い、今回は接遇研修を永江孝子さんにお願いすることにしました。一人でも多くの皆さんに研修を受けていただいて、また違った角度から接遇の基本を見直して見てはと思います。そしてその上で更に進化した笑顔のあふれる病院を築いていきましょう。

平成27年4月の講話

更新日:2015/04/01 12:00 カテゴリー:朝礼

院長のテーマは「新年度を迎えて」でした。

常務の講話「不満買取センター」

 みなさん、おはようございます。

 患者満足度調査の結果が上がってきました。2月に「行動観察とコンシェルジュ」という文書を配布いたしましたが現状をよく把握した上で対策をたてていかなければなりません。

 今朝、たまたまあるコラムで株式会社不満買取センターというものがあると紹介されていました。

  「あなたの不満1個10円で買い取ります。」エイプリールフールでお話しているのではありません。ホームページを開いてみると実際にありました。「不満買取センターは世の中のあらゆる不満の収集分析を通じて企業や社会による不満の解決を支援することで不満のない社会を実現します。」とあります。そこで集められた不満は(特定の企業や商品を名指しした不満は買い取らないそうです)業種別に分類して、一千件の不満を載せた冊子にして業者向けに販売しているそうです。

 不満やクレームは、できれば聞かずにおきたいものです。しかし「いやなこと苦しいことを、どうして喜んで迎えられようか。それは、一応はそうである。苦難というものは、ひどい顔をし、いやな形をして、苦痛のすがたをとってはいるが、実はわれらの敵ではなくて、味方である。というよりか、一番親身にわがためを思って、つっかかってくる正義の友である。」と倫理研究所の故丸山敏雄氏は記しています。

 もちろん、誠実に対応しても、言いがかり的な苦情を浴びせてくる人や、法に触れるようなクレームもあるでしょう。その場合は、毅然とした対応が必要です。しかし、いずれにしても長い目で見ると、それらの対応すべてが担当者を成長させ、対応マニュアルの見直しやもろもろの改善につながります。ふりかかるすべてを自社成長の契機としたいものです。

 7年目を迎え6年間積み上げてきた私たちの評価をさらに高めるよう前進していきましょう。